忍者ブログ

当ブログは移転しました。5秒後に自動的にジャンプします。

ジャンプしない場合はこちら http://takeuchi.otaden.jp/

  
admin
  
  竹内義和が『嵐』について語るブログです。コメントは承認するまで公開されません。僕への個人的なメッセージは、非公開希望と記して書き込んで下さい。メールアドレスを書いていただければ可能な限りお返事します。『竹内義和公式サイト~猫の靴下~』もよろしくお願いします。
                       
   
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

   
   
   
                       
   
えっと、24歳の誕生日おめでとう松潤。ということで「僕妹」を見ちゃいました!安藤監督、渋過ぎ!カットが意図的に長く、演技を追求するタイプの監督ですね。ある意味、「花男」とは対極にある作品。道明寺が「動」なら、頼は「静」。妹の郁との初めてのキスシーン、見つめ合ってからそこに至るまで、実に12分の長回しなのです。これ、NG出したら大変やん、といらぬ心配までしてしまいました。教室に残った郁を迎えにダッシュするとこは、俄然いつもの松潤で、僕的に盛り上がったのでした。勢いで「新宿少年探偵団」もチェックしました。
PR
   
   
            
この記事にコメントする
   
name
title
color
mail
URL
comment
password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
  
          
 
僕妹を見て・・・
私も昨日と今日で二回見ました。タイトルだけ聞くとちょっと引いてしまいますが、映画はとてもよく出来ていて、松本君も栄倉さんも監督期待以上の演技なのでは。最後のシーンは純粋な頼の郁に対する愛情に、素直に感動して泣いている自分がいました。
にゃんこ 2007/08/30(Thu)10:48:28 コメントの編集
     
              
 
松潤お誕生日おめでと!
私が10代大好きだった佐野元春さんが、立教大講師として「なぜ詩書くか、言葉とは何か、学生に問いかける~」との事。今十代の娘と大好きな嵐は~コトバノチカラ~という、ツアー中・・・なんかおもしろいです。ちなみに佐野さんって51歳だと思うんですが、よしかずさんは52歳ですよね~ 潤君が益々かっけ~男になるよう乾杯です。
かずみ42 2007/08/30(Thu)12:44:28 コメントの編集
     
              
 
無題
潤くんのお誕生日ということで今年も家でケーキを食べてお祝いしました。映画やドラマ、バライティの潤くんも素敵だけどやっぱりコンサートが1番!ということで仙台コンへ行ってきました。最高でした!
ところで52歳で嵐ファンというよしかずさんに非常に興味をもち、仙台コンへ行く車中、ホテルで
「大映テレビの研究」を読ませていただきました。久しぶりです。本を読んであんなにおなかがよじれるくらい笑ったのは。最初から最後までぶきみな笑い方をしていたので周りの人には変なおばさんにみえたことでしょう。私は「赤いシリーズ」からしか知らないのですが十分に8823も想像できましたよ。家に帰ってきて山田太郎ものがたりの校長先生を何度もリピして見ました。(何やってんだろう私)これからはドラマをもっと深く楽しく見れそうです。ありがとうございます。そして、本の中でよしかずさんのお顔も拝見することができました。嵐をこよなく愛するおじさまということで花沢類あたりを想像していたんですがちょ、ちょっとこわ系、でもすごく男前でした。

勝手なこと(ズバリ、お顔のことです)ばかり書き込んですみません。よしかずさんの判断で削除されてかまいません。
ステラ 2007/08/30(Thu)21:45:04 コメントの編集
     
              
 
お誕生日おめでとう!

いろんなこといわれてるけど、私はずっと応援しています。
「僕妹」のDVD・・この時期にこの映画に出てくれてありがとう、といいたいです。
変に作りこんでない分、もしかしたら実際にあるかもしれないという、二人の雰囲気に妙なリアル感があってドキドキしました。。

頼は潤君があの時期にしか演じられなかった役なので、本当に愛おしいです。
オリコンデイリー1位でしたね。
たくさんの人に見て欲しい作品です。



しおん 2007/08/31(Fri)09:18:22 コメントの編集
     
              
 
綺麗でしたぁ・・・
アマゾンで予約していた「僕妹」・・・購入を旦那にうっかり言い忘れてまして、事後報告となり、すっかりあきれられた私です。
手に取るやいなや、すぐ観たくてDVDをかけたのですが、我が家にはプレステ2でしかみることが出来ず、しかも音声がちっちゃくて、日中は台詞が聞き取れず断念。深夜、家事を都合に「母さんは洗濯せなアカンからなぁ~」なんて、上機嫌でニヤニヤと一人楽しんでました。
映像もそうですが、無駄な雑音もなく、ほんとに1シーン1シーンが目に焼きつくくらい静かな綺麗な物語でしたね。決してハッピーエンドでなかったけれど、
観終わった後、もの凄くキュンとしてしまいました。
深夜1時を回っており、余韻に浸っていると、二番目の子供が「おしっこ…」と起きてきて、一気に現実に戻ってしまいました。また一人の時間見つけて観~よおっと!
やん 2007/08/31(Fri)11:26:09 コメントの編集
     
            
         
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
   
        
  
ブログ移転のお知らせ

近日、 オタクの電脳blogに全面移行します!

ぼちぼちブログバナー

ブログ内検索
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
バーコード
カウンター
アクセス解析
最新CM
[06/30 risa]
[06/28 tomo]
[06/28 nlisten]
[06/28 しろ]
[06/27 聖美]
プロフィール
HN:
Yoshikazu Takeuchi
性別:
男性
  
       
Copyright (C) よしかずちゃんのぼちぼちブログ
+++ 忍者ブログ [PR]
 +++