忍者ブログ

当ブログは移転しました。5秒後に自動的にジャンプします。

ジャンプしない場合はこちら http://takeuchi.otaden.jp/

  
admin
  
  竹内義和が『嵐』について語るブログです。コメントは承認するまで公開されません。僕への個人的なメッセージは、非公開希望と記して書き込んで下さい。メールアドレスを書いていただければ可能な限りお返事します。『竹内義和公式サイト~猫の靴下~』もよろしくお願いします。
                       
   
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

   
   
   
                       
   
「日経エンターティメント」の最新号に、ニノのインタビューが掲載されていました。嵐の、今年一年の総括みたいな話しでしたね。シングル「らぶそすい」が年間売り上げの4位、「花男2」が平均視聴率20%越え、コンサート動員100万人突破、アルバム「Time」が前作の2倍のセールス等々、今年の嵐は、フルスロットルの大活躍。その加速のポイントをニノが、分析。それが、実に的確なのです。メンバーの事も語っていましたが、冷静かつ愛が溢れる言葉で綴られてました。中でも、キャプテンに関してのくだりが最高。是非、読んでほしいです。
PR
   
   
            
この記事にコメントする
   
name
title
color
mail
URL
comment
password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
  
          
 
さすがですね!ニノの可能性
「日経エンタメ」ニノのインタビュー早速読みました!
飛躍の理由として、個人の活躍や翔君のキャラ!?意識の変化みたいなことが書かれてあり、楽しかったです。
一番気になったのは、俳優としての取り組みの所でした。今までは感情を優先した演技だったが、『山田太郎~』では、そのパッケージ全体を優先した役ずくりをした、と言っていたが、名俳優にしかわからない言葉だなぁと、ただ感心して読んでました。将来性がある俳優1位に選らばれていましたね。俳優二宮和也としての成長が、私は、楽しみでしょうがありません!!!
順子 2007/12/05(Wed)21:19:28 コメントの編集
     
              
 
松本潤ファンとしては
(荒らしと取られるかもしれませんが、どうしても言いたいので、是非載せて頂きたいと思います)
『日経~』の記事は、いつもの事とはいえ複雑でした。
U25の俳優陣の評価もそうですが、何で松本潤という人に対する評価はこんなに低いのでしょうか?
同じ蜷川さんと仕事をしても、ニノは『蜷川が認めた』風に捕らえられ、松本君は『挑戦』と言われます。
ドラマでどんなに結果を出そうが、美味しいところはニノや大ちゃんが持って行ってしまう。
松本君は「自分には才能が無い」と、素直に認められる人です。
でも、どんなに頑張っても才能の無いものは駄目ですか?
ニノや他のメンバーとの評価の違いを見せ付けられる度に、松本君が可哀相でなりません。

こちらで時折コメントされている某氏もそうですが、松本潤を“女子供担当の人寄せパンダ”と捕らえるのは、本当に止めてもらいたいです!
彼は、ニノや大ちゃんの引き立て役ではありません!
もん 2007/12/06(Thu)06:53:58 コメントの編集
     
              
 
買いました!
発売日の朝に見付けてマジ読みして仕事に遅れるかと思いましたf^_^;途中で諦めて帰りに買いました(笑)

ニノの嵐・各メンバーの分析?コメント?的確過ぎてビックリです!頷きながら、読んでました(*^m^*)
カズ 2007/12/06(Thu)07:43:16 コメントの編集
     
              
 
無題
よしかずさんの文章に誘われて昨日、日経エンタメ早速買いに行きました!文章から冷静かつメンバー愛が伝わってきますね~キャプテンの<何もやってない>のくだりは最高です昨日のFNSもやはり<loveso~>でした全員揃っての歌番組は久しぶりなので楽しめました忙しい仕事の合間に見れて癒されました
あらさと 2007/12/06(Thu)08:38:00 コメントの編集
     
              
 
無題
私も読みましたよ~!ニノの分析は的確ですね。冷静に分析しつつも本当に嵐のメンバーが大好きで大切な人なんだという気持ちが伝わってきますね。そして誰が欠けても嵐が成り立たないのだと感じました。
先月号の「恋人にしたいランキング」にはランクインしていないっていうのを悔しがっていましたが、世間が何と言おうと私のなかでは不動の1位ですわ☆でも、ランク外ってところがニノらしくっていいです(笑)
momo 2007/12/06(Thu)18:53:46 コメントの編集
     
              
 
もんさんへ
すみませんm(__)m
もんさんにコメントを書きたく書かせていただきました。

潤くんファン故の悩みですよね。才能より顔が先だってしまうんですよね。一般的には…。
私はファンになる前は潤くんが大っ嫌いでした。
今では考えられませんが(^_^;)でも、嫌いでもやっぱりドラマを見ていましたし。
花男でファンになったからこそ、蜷川さんとの舞台をやった後は目での演技が今までとは比べものにならないくらい上達していてビックリしました。
そうやって潤くんを見守っていけばいいのではないのでしょうか。
潤くんのペースできっとどんどん上手になっていくと思うし、潤くんはそれをきっとやってのける男です。
相葉ちゃんも智くんも翔くんもニノも潤くん皆それぞれが成長していくと思います。
嵐メンより年下ですが、彼らの成長ぶりを見ていくのが楽しみでなりません♪
2007/12/06(Thu)20:02:47 コメントの編集
     
              
 
レスにレスしてもいいですか?
すみません、まだ日経エンタを見ていないので、何とも言えないのですが、もんさんのコメントを読んで思うところがあったので、横レス失礼します。
私も同じように感じる事が多々あります。そして、人というのはどうしてこう先入観に囚われるのだろうと思うことも度々です。
松本潤に対するイメージは「アイドル」臭が強すぎるのだろうなと思います。
才能に関しては、彼に役者の才能がないとは私は全く思いません。過去の役からの成長振りを見てもそれは明らかだと思います。でも、たとえどんな評価を受けても卑屈にならずへこたれず、一段一段地道に階段を登り続け、成長し続ける松本潤を、ファンとして誇りに思います。そんな彼だからこそファンになりました。
(嵐のコン構成も彼の才能の最たるものだと思うのですけどね。たとえ表立って評価されることはなくても、楽しんでくれる人がたくさんいる、それだけで彼は幸せとやりがいを感じてそうな気もします。想像にすぎませんが)
エントリの内容にそぐわないのですが、もんさんの思いにとても共感したので、コメントさせていただきました。
takahashi 2007/12/06(Thu)20:39:34 コメントの編集
     
              
 
もんさんへ
潤くんは、確かに世間的にはもっと評価されて、例えばCMなんかたくさん来ればいいなと思いますが、世間の評価に満足できないのを、嵐のメンバーに当て付けるのはオカシイのでは?
ニノの演技力はやはりジュニア時代からの実績がありますし、蜷川さんとは何度も仕事して、きっとウマも合うんでしょうね。マスコミは巨匠蜷川氏が絶賛すれば、そのように書きたてたと思います。残念ながら氏からワルキューレ後に出た言葉が少なかったという事実は素直に受け止めるしかないと思います。
U25は、花男直後だったらまた違う評価だったんじゃないでしょうか?花男で潤くんの演技力は世間に知れ渡ったはずですよ。
「女子供向け」と言われた方も、その後「松本潤は10等身くらいある美青年で驚いた」と、少なくとも苦手意識はなくし好意的になられたと思います。
確実に嵐、松本潤は登り調子です。ニノや大ちゃんのナンタラカンタラでなく、世間に向けて応援して行きましょう!
ちえ 2007/12/07(Fri)14:46:18 コメントの編集
     
              
 
おばちゃんの独り言ですが
私の周りに限ってですが、母(67歳)の、近年最もイケメンな俳優は潤君ですし、男性人(主人を含む)に、バンビーノは人気でしたし、そうそう、やしきたかじんさんは潤君大絶賛でしたし、全く女子供担じゃないんだけどな~それと「嵐」とゆうグループでは潤君がいるからニノやリーダーのキャラが引き立ち、それだからこそ潤君がかわいくもあり、愛すべき存在であるんですが・・。なにわともあれ、松本潤、そして嵐の今後の活躍に期待大です。メジャーな雑誌ランキング上位に入ってても、消えてった俳優さんなんてゴマンといるわけですから。
かずみ42 2007/12/07(Fri)19:40:06 コメントの編集
     
              
 
もんさんへ
誰も松潤の評価が低いなんて思ってないのでは??実際に,嵐の登り調子は明らかに【花より男子】の松潤の道明寺から始まったと思います。確かにニノの俳優としての演技や,大野君の舞台は本当にすごいです。でもそれは個々の輝きであって決してメンバーを影においやっているなんて事はないと思います。評価されるのは当たり前です。なぜならニノは昔から[役者]として大変な経験を沢山積んでいますし,大野君はドラマに出ないかわりに多くの舞台を越えてきているんですから。初めての蜷川さんの舞台で吸収した事をこれからたくさん出てくると思います。決して誰々のせいでなんて思わないで下さい。
ナナ 2007/12/07(Fri)21:02:44 コメントの編集
     
              
 
もんさんに
よしかずさん、いつも拝見させて貰っています。
もんさんの意見を見て感じた所があるので、少し書かせて下さい。潤くんは私に嵐の良さを教えてくれた恩人です。今年の嵐の勢いを造ったのは間違えなく潤くんです。彼の演技はとても綿密に創造豊かに作らてるとドラマを見ていて伝わります。言葉の伝わりや表情一つ一つ取ってもその役の性質を巧みに表現してらっしゃいます。二宮くんもサラッとしてるのに後にしっかり残る味のある役者さんです‥タイプが違うだけ。二人共これからの演劇界を彩って行く演じ手です。そんな二人を抱える嵐さんは凄い!
せせらぎ 2007/12/08(Sat)10:51:06 コメントの編集
     
              
 
幸せ
こんにちは。毎日竹内さんとみなさんのコメント楽しみに拝見させていただいています。自分のことのように嵐の5人に一喜一憂していて悔しかったり泣くほど嬉しかったりな自分と同じ人がここには沢山いてとても幸せです!そんな人に支えられて嵐がいることそして嵐自身がそれにちゃんと感謝を忘れないことが私が嵐を好きな理由の一つです。5人は誰が認めてなくても5人お互いを誰よりも認め合って信頼していますきっと。私は才能は確かにあると思いますでも、嵐が私に教えてくれたのは努力や根性前向きな向上心諦めないことそれが大事だということです。とても個人的で厚かましいカキコミ失礼いたしました。
森下 2007/12/09(Sun)09:09:51 コメントの編集
     
            
         
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
   
        
  
ブログ移転のお知らせ

近日、 オタクの電脳blogに全面移行します!

ぼちぼちブログバナー

ブログ内検索
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
バーコード
カウンター
アクセス解析
最新CM
[06/30 risa]
[06/28 tomo]
[06/28 nlisten]
[06/28 しろ]
[06/27 聖美]
プロフィール
HN:
Yoshikazu Takeuchi
性別:
男性
  
       
Copyright (C) よしかずちゃんのぼちぼちブログ
+++ 忍者ブログ [PR]
 +++