忍者ブログ

当ブログは移転しました。5秒後に自動的にジャンプします。

ジャンプしない場合はこちら http://takeuchi.otaden.jp/

  
admin
  
  竹内義和が『嵐』について語るブログです。コメントは承認するまで公開されません。僕への個人的なメッセージは、非公開希望と記して書き込んで下さい。メールアドレスを書いていただければ可能な限りお返事します。『竹内義和公式サイト~猫の靴下~』もよろしくお願いします。
                       
   
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

   
   
   
                       
   
溜め息が出るほど精悍でした。「青の炎」のニノ。彼の役どころは、愛する母と妹のため父殺しを決断する17歳の少年。微妙な表情で、苦悩と逡巡を表現するニノの演技の妙に、思わず感情移入してしまいました。と同時に、ニノの透き通るような美貌にファンとしてのときめきも感じてしまった僕なのでした。しかし、ニノって凄いですよね。まるで、シェイクスピア悲劇の主役のような奥深い人間を精悍な表情で演じながら、コンサートでは、突き抜けるほど可愛いアイドルパフォーマンスで「秘密」を歌いあげます。その幅こそが、ニノなのです。

PR
   
   
            
この記事にコメントする
   
name
title
color
mail
URL
comment
password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
  
          
 
原作もお勧めです。
こんにちは。「青の炎」確かにいいですよね。
演技をしている時のニノ、コンサートでのニノ、バラエティでのニノ、いろんな顔を見せてくれます。「マラソン」も楽しみです
ところで、よしかずさんは「青の炎」原作は読まれましたか?
私は嵐のメンバーがドラマや映画で出演した作品というところから興味を持ち、「青の炎」や翔くんが出演した「トキオ」など原作を読んでみました。
どちらもお勧めです。特に「青の炎」は約2時間の映画では描写することが難しい、秀一の葛藤、完全犯罪を成立させるための緻密な計画など、読んでいてどんどん引き込まれていきます。
機会があったら是非読んでみてください!

芙実 URL 2007/09/02(Sun)09:26:01 コメントの編集
     
              
 
無題
私は、映画を見てからら、原作を読みました。
読み始めると、映画の映像が頭に浮かび、もう一度映画を見たような気持ちになりました。
秀一の葛藤や入り交じる感情が、細かく描写されていて、ニノのあの表情の裏側を見たような気になります。
映画が、すごく原作に忠実なので、イメージが崩れたりすることも無くてすごく良かったです。
そこらの14才 2007/09/02(Sun)13:33:17 コメントの編集
     
              
 
青の炎は
青の炎の二宮くん演じる櫛森秀一の切なさが観た時の自分に重なってといいますか…私が二宮くんのファンになった特別な映画であります.
あんと 2008/05/29(Thu)01:21:19 コメントの編集
     
            
         
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
   
        
  
ブログ移転のお知らせ

近日、 オタクの電脳blogに全面移行します!

ぼちぼちブログバナー

ブログ内検索
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
バーコード
カウンター
アクセス解析
最新CM
[06/30 risa]
[06/28 tomo]
[06/28 nlisten]
[06/28 しろ]
[06/27 聖美]
プロフィール
HN:
Yoshikazu Takeuchi
性別:
男性
  
       
Copyright (C) よしかずちゃんのぼちぼちブログ
+++ 忍者ブログ [PR]
 +++