忍者ブログ

当ブログは移転しました。5秒後に自動的にジャンプします。

ジャンプしない場合はこちら http://takeuchi.otaden.jp/

  
admin
  
  竹内義和が『嵐』について語るブログです。コメントは承認するまで公開されません。僕への個人的なメッセージは、非公開希望と記して書き込んで下さい。メールアドレスを書いていただければ可能な限りお返事します。『竹内義和公式サイト~猫の靴下~』もよろしくお願いします。
                       
   
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

   
   
   
                       
   
山口の母子殺人の差し戻し審。犯人についた21人の弁護士、最低と思う。死刑を回避するため、屁理屈をこねくり回す。犯すために、若妻を襲い、抵抗され絞殺、泣く幼き娘を床に叩き落として殺し、死んでる妻を犯す。この悪鬼のごとき犯罪に対し、弁護士達は、犯人に殺意は無かったと主張。若妻を無き母と思い抱きついた結果、騒がれたため口を塞いだら死んでしまった、だから過失至死だと。死んだ妻を犯したのは、生き返らせるためのいわば魔法の儀式だと。この弁護士達、真剣にそう思ってるのかね?ほんと、腹が立つ!
PR
   
   
            
この記事にコメントする
   
name
title
color
mail
URL
comment
password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
  
          
 
おっしゃる通り!!
 よっぽど死刑に反対なんでしょうな。何が彼らをそうさせるのか・・・。僕の見間違えかもしれませんが、中に女の弁護士もいたかと思われますが。女性である前に人間として奴を弁護したいのでしょう。ええ人ですな。僕には全く理解できません。
LYNNBZ 2007/05/26(Sat)13:17:47 コメントの編集
     
              
 
>中に女の弁護士もいた
ぼくもテレビを見ていて気が付きました。
ということは、アイツを殺して死姦したら、
残りの20人のイカれたアホたちが弁護してくれるのでしょうか・・・。
ikechang URL 2007/05/26(Sat)15:32:13 コメントの編集
     
              
 
無題
ド素人の考えですけど、死刑廃止したいから屁理屈をこねくりまわして死刑を阻止するというのは違うのではないか?と、どんなことをやらかしても死刑を廃止したいというなら殺意があろうとなかろうと関係ないではないか?と思いますが違うでしょうか?
bun 2007/05/26(Sat)22:22:24 コメントの編集
     
              
 
無題
本っ当に腹が立ちます。弁護士資格を持ってる人がこんなことして許されるの!? しかも、いい年したのが大勢集まって。弁護士もろとも死刑になればいいのに。でも、この裁判にかかっている遺族の方にとっては、現実の話であって。。。万が一この弁護側の主張に裁判官が少しでもよるところがあれば、、、遺族の方ももちろんそうですが、あまりに悪辣な目にあわされた女性の無念さはどうなるのでしょうか。
m.f. 2007/05/28(Mon)10:06:27 コメントの編集
     
            
         
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
   
        
  
ブログ移転のお知らせ

近日、 オタクの電脳blogに全面移行します!

ぼちぼちブログバナー

ブログ内検索
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
バーコード
カウンター
アクセス解析
最新CM
[06/30 risa]
[06/28 tomo]
[06/28 nlisten]
[06/28 しろ]
[06/27 聖美]
プロフィール
HN:
Yoshikazu Takeuchi
性別:
男性
  
       
Copyright (C) よしかずちゃんのぼちぼちブログ
+++ 忍者ブログ [PR]
 +++